コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」タグのついている記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」タグのついている記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

連載中の漫画

ゴブリンスレイヤー7巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 7巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーと収穫祭デートの約束を取り付けた受付嬢。わずかに出遅れた牛飼娘。街でもお祭りに向けた動きが見られる中、平常運転のゴブリンスレイヤー。ゴブリンスレイヤー7巻の感想で…

ダンジョン飯7巻 感想【ネタバレを含みます】

ダンジョン飯 7巻 (HARTA COMIX) 驚愕と爆笑の展開が続く、ダンジョン飯7巻の感想です。 イヅツミ シュロー一行から足抜けし、ライオス一行に加わったアセビことイヅツミ。※イヅツミの方が本名らしいです。 魔術で後天的に獣要素を植え付けられた改造人間的…

魔女の下僕と魔王のツノ10巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 10巻 (デジタル版ガンガンコミックス) サウロが加わったことで、一行の人間関係にも変化が起こります。魔女の下僕と魔王のツノ10巻の感想です。 アルマ一時退場 10巻の最初の話・54話から、いきなり男に戻っているアルセニオ。 思わ…

虚構推理10巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(10) (月刊少年マガジンコミックス) 鋼人七瀬事件より後の消息が途絶えていた六花さんがついに動き出します。虚構推理10巻の感想です。 六花さんの逃亡生活 23話は逃亡生活中の六花さんのエピソードでした。 琴子や九郎が絡んでいない、第三者と…

今の彼らに至るまでの彼らの物語:ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン レビュー

[まとめ買い] ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン タイトル:ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 作者:(漫画)栄田健人(原作)蝸牛くも(キャラクター原案)足立慎吾/神奈月昇 年代:2018年~ 巻数:既刊4巻 作品概要 その日、1つの村がゴブリンの群れによっ…

セントールの悩み18巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(18)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 今回もボリュームたっぷりのセントールの悩み18巻の感想です。 日本人馬の足さばき 流鏑馬道場で「足の使い方」の練習をする紫乃ちゃんと牧ちゃん。 本来は馬と同じく、後ろや横に歩けないの…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン3巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 土砂降りの雨が降り、雷鳴が轟く夜の山村で、たった1人でゴブリンの群れを迎え撃つゴブリンスレイヤー。 一方、岩喰怪虫(ロックイーター)退治のために徒党を組んだ冒険者たち…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーだけではなく、諸々の登場人物の過去が語られる『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』2巻の感想です。 注意 この記事は、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤ…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン1巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーが「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれるようになるまでの物語。 本編と作画担当が変わり、栄田健人先生の作画となりますが、こちらもかなりの迫力です。 『ゴ…

魔女の下僕と魔王のツノへと続く、アルセニオとサウロの物語:教国のレクエルド レビュー

教国のレクエルド 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス) タイトル:教国のレクエルド 作者:もち 年代:2018年~ 巻数:既刊1巻 作品概要 魔法を使うために必要な武具である導具の職人を目指す少年・アルセニオ。神に仕える魔法使いである「騎士」を目指…

教国のレクエルド1巻 感想【ネタバレを含みます】

教国のレクエルド 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス) 『魔女の下僕と魔王のツノ』の物語が始まるよりも過去のお話。アルセニオが人間としてイスパニアで暮らしていた頃の物語。教国のレクエルド1巻の感想です。 注意 この記事は、『教国のレクエルド…

魔女の下僕と魔王のツノ9巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 9巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 前の巻から引き続き、アルマを巡って拗れる話が面白い。魔女の下僕と魔王のツノ9巻の感想です。 三文芝居から思わぬシリアス展開に サウロが回収してしまった魔導具・帰宅の鍵を取り戻すため、犯…

ゴブリンスレイヤー6巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 6巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ゴブリンたちの住処とつながる門である「転移の鏡」。それを守っていた「大目玉(ベム)」を倒した一行ですが、粉塵爆発の音を聞きつけたゴブリンたちが集まってきます。その中には小鬼英雄(ゴブ…

この愛は、異端。3巻 感想【ネタバレを含みます】

この愛は、異端。【電子限定おまけ付き】 3 (ヤングアニマルコミックス) すれ違ってきた淑乃とバアルの関係についに決着がつく、『この愛は、異端。』3巻の感想です。 淑乃とバアルの過去、バアルサイド 淑乃が幼少の頃より度々事件や事故に巻き込まれていた…

果てのない戦いに身を投ずる男の復讐と更生の物語:ゴブリンスレイヤー レビュー

[まとめ買い] ゴブリンスレイヤー タイトル:ゴブリンスレイヤー 作者:(漫画)黒瀬浩介(原作)蝸牛くも(キャラクター原案)神奈月昇 年代:2016年~ 巻数:既刊7巻 作品概要 最弱の魔物・ゴブリン。 人間の子供と同程度の力と知性を持ち、集団で村を襲う、女を…

ゴブリンスレイヤー5巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 5巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 水の街の地下遺跡で、ゴブリンたちの罠に掛かったゴブリンスレイヤー一行。 毒気による攻撃を凌いだものの、退路のない場所で、小鬼英雄(ゴブリンチャンピオン)率いる大量のゴブリンたちとの闘…

ゴブリンスレイヤー4巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 4巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ファンタジー情緒あふれる古代遺跡でゴブリン退治をし、ギルドでの昇級審査にも立ち合い、そして、至高神の大司教(アークビショップ)にして、金等級の冒険者でもある「剣の乙女」からの依頼で…

虚構推理9巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(9) (月刊少年マガジンコミックス) 今回は琴子の高校時代のエピソード、「岩永琴子は高校生だった」と、インパクトのあるタイトルの「ギロチン三四郎」の2本立て。虚構推理9巻の感想です。 琴子の高校生時代の一幕 9巻の1話目は、琴子が高校生だ…

ゴブリンスレイヤー3巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 牛飼娘とゴブリンスレイヤーの暮らす牧場に忍び寄るゴブリンの足音。常日頃からゴブリンとの戦いに明け暮れてきたゴブリンスレイヤーですが、今回は彼個人の大切なモノが懸った戦いになります…

ゴブリンスレイヤー2巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 新たに仲間も増えて新展開。ゴブリン退治のはずが、ゴブリン以外の強敵と遭遇します。ゴブリンスレイヤー2巻の感想です。 妖精弓手・鉱人道士・蜥蜴僧侶、ゴブリンスレイヤーを訪ねてきた3人 …

ゴブリンスレイヤー1巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 同タイトルの小説を原作とするコミカライズ作品です。 絵も綺麗で、演出や構成もしっかりとしていて、漫画としてのクォリティーが非常に高く、物語の世界に引き込まれました。 ハイファンタジ…

セントールの悩み17巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(17)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 今回の表紙は御霊さん。帯にも大きく「翼人×青春」と出ていたので、さては御霊さんの出番が多いのかなと思っていたのですが、読み進めると度肝を抜かれました。 御霊さんの過去、御霊家の秘…

狐のお嫁ちゃん3巻 感想【ネタバレを含みます】

狐のお嫁ちゃん (3) (みんなのコミック) ※電子書籍版と書籍版で、表紙および一部カラーイラストなどが異なります。上の画像は電子書籍版です。 浮上した子供の養育費問題。人間の世界で子供を育てるには、先立つものが無ければいけないという事で、お嫁ち…

狐のお嫁ちゃん2巻 感想【ネタバレを含みます】

狐のお嫁ちゃん (2) (みんなのコミック) ※電子書籍版と書籍版で、表紙および一部カラーイラストなどが異なります。上の画像は電子書籍版です。 年越し、雉狩り、狐の生理周期にまつわる問題と盛りだくさん。今回ついにお嫁ちゃんの両親が登場しました。狐…

虚構が真実に変わることもあれば、真実が虚構になることもある:虚構推理 レビュー

虚構推理 タイトル:虚構推理 作者:(漫画)片瀬茶柴、(原作)城平京 年代:2015年以降 巻数:既刊10巻 作品概要 通院先の病院で2年越しの片思いをする少女・岩永琴子。 長期入院する従姉の元に見舞いに通う青年・桜川九郎。 2人の共通点は、妖怪や、幽霊や、…

虚構推理8巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(8) (月刊少年マガジンコミックス) とある海辺の町に現れる奇怪な人形。現地の怪異たちからの相談で解決に乗り出す、琴子と九郎。虚構推理8巻の感想です。 多恵ばあさんとネコ 今回は、琴子と九郎が事件に介入する前に、現地の人間・多恵ばあさん…

魔女の下僕と魔王のツノ8巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 8巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 7巻の続きが物凄く気になる終わり方、さらに今回の表紙はニョニョで、読む前から高まる期待。読んでみたら想像のはるか斜め上でした。魔女の下僕と魔王のツノ8巻の感想です。 ニョニョ再登場まで…

虚構推理7巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(7) (月刊少年マガジンコミックス) 原作小説・『虚構推理』に該当する「鋼人七瀬編」からさらに続く、琴子と九郎の物語。虚構推理7巻の感想です。なお、今回の見出しのタイトルは、漫画の各話のものをそのまま使っています。 よく行く店 琴子と九…

虚構推理 鋼人七瀬編後半(4巻・5巻・6巻) 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(4) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(5) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(6) (月刊少年マガジンコミックス) 鋼人七瀬による犠牲者が出たことがネット上で話題になり、虚構から生まれた「想像力の怪物」を虚構に返して消滅さ…

虚構推理 鋼人七瀬編前半(1巻・2巻・3巻) 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(1) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(2) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(3) (月刊少年マガジンコミックス) 妖怪・あやかし・怪異・魔”そう呼ばれる者たち相手に「知恵の神」として相談役を務める一眼一足の少女・岩永琴子。…