コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」タグのついている記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」タグのついている記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

2010年~2014年の漫画

ビューティフルピープル・パーフェクトワールド1巻 感想【ネタバレを含みます】

ビューティフルピープル・パーフェクトワールド(1) 高度な整形医療が当たり前になり、日常の風景の内、人間の美しさだけが大きく変わった社会で、それでも変わらない人間の歪さと、生きるということについて回る心の重みを描く、「ビューティフルピープル…

共感できる人ほど、悶えること必至の中二病青春ストーリー:AURA アウラ 魔竜院光牙最後の戦い レビュー

AURAアウラ魔竜院光牙最後の闘い 1 (少年サンデーコミックススペシャル) AURAアウラ魔竜院光牙最後の闘い 2 (少年サンデーコミックススペシャル)AURAアウラ魔竜院光牙最後の闘い 3 (少年サンデーコミックススペシャル)AURAアウラ魔竜院光牙最後の闘い 4 (少…

TS(性転換)要素マシマシのファンタジーなラブコメディ―:魔女の下僕と魔王のツノ レビュー

[まとめ買い] 魔女の下僕と魔王のツノ タイトル:魔女の下僕と魔王のツノ 作者:もち 年代:2014年以降 巻数:既刊10巻 作品概要 育ての親である魔女ビビアンを救うため、薬の材料である魔王のツノを求める魔女の少女ベティ。 そんなベティの下僕であるアル…

魔女の下僕と魔王のツノ1巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 師匠にして育ての親である魔女ビビアンを救うため、薬の材料である魔王のツノを求める薬草魔女ベティ。その下僕であるアルセニオは単身魔王城に挑みますが、そこで待っていたのは、あまりにもイ…

ここまでやるか…世界観が凄すぎる日常漫画:セントールの悩み レビュー

セントールの悩み タイトル:セントールの悩み 作者:村山慶 年代:2011年以降 巻数:既刊18巻 作品概要 ケンタウロスのような「人馬形態」の君原姫乃は女子高生。悪魔のような翼を持つ「竜人形態」の獄楽希や、頭に角を持つ「角人形態」の名楽羌子と共に、…

現代日本とファンタジー世界の世知辛さ対決:小林さんちのメイドラゴン レビュー

小林さんちのメイドラゴン タイトル:小林さんちのメイドラゴン 作者:クール教信者 年代:2014年以降 巻数:既刊8巻 作品概要 底辺システムエンジニア(自称)の小林さんは、ある日、酔っぱらって迷い込んだ山で、聖剣の突き刺さったドラゴンと出会いました…

セントールの悩み9巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(9)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 巻頭のカラーページで姫乃が何とも言えない不思議なポーズを決めています。 何かと交信しているようでもあり、何かに変身しそうでもあり、不思議な雰囲気が漂っています。 今までも日常の裏側で非日常…

セントールの悩み8巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(8)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 面白かったり、微笑ましかったり、生々しかったりする「この世界」の物語を楽しみながら、私たちの世界の日常のもやもやについても考えられる。セントールの悩み8巻の感想です。 美術館デート×2 芸術…

セントールの悩み7巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(7)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 日常という言葉の拡大解釈が甚だしい。でも納得。その上で面白い。セントールの悩み7巻の感想です。 人虎と南極道士 人類の形態の1つで、すでに絶滅したと言われる人虎。それが中国の奥地に生息して…

セントールの悩み6巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(6)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 少しずつ開示されていく新情報から、いろいろなことを想像するのもこの漫画の楽しみ方だとは思うのですが、それにしても今回は気になることが多すぎました。セントールの悩み6巻の感想です。 遺伝のメ…

セントールの悩み5巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(5)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 「この世界」だからこその場面が、私たちの世界に対する風刺にもなっていて面白い、セントールの悩み5巻の感想です。 南極人の謎、南極人にとっての謎 25話ではスーちゃんが南極人の友人と待ち合わせ…

セントールの悩み4巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(4)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 突然の南極人の転入という姫乃のピンチのままで前巻からの話が続く、セントールの悩み4巻の感想です。 南極人のスーちゃんが知的かわいい 3巻の最後で転校してきた南極人のケツァルコアトル・サスサス…

セントールの悩み3巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(3)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 3巻目になって姫乃以外の視点も増えてきました。群像劇は好きですし、「この世界」のいろいろな場所を覗けるのも楽しいです。そういうわけで、セントールの悩み3巻の感想です。 人馬形態の正しい投球…

セントールの悩み2巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(2)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 人馬や翼人といった形態の人類がなぜ存在するに至ったか、世界観の説明の根本の部分が語られる、セントールの悩み2巻の感想です。 これがカルチャーショックというものか 第5話では、姫乃のいとこの紫…

セントールの悩み1巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) ケンタウロスのような「人馬」形態の女子高生、君原姫乃。その友人の獄楽希は「竜人」形態で蝙蝠のような皮膜の翼があり、同じく友人の名楽羌子は「角人」形態で頭に角が生えている。クラスの委員長は…

ニッチなテーマと奇天烈な発想のびっくり箱:ニッケルオデオン レビュー

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX) ニッケルオデオン 緑 (IKKI COMIX) ニッケルオデオン 青 (IKKI COMIX) タイトル:ニッケルオデオン 作者:道満晴明 年代:2012年~2014年 巻数:全3冊 作品概要 1話につき8ページで話が完結。様々なテーマが扱われ、シリア…

ニッケルオデオン【青】感想【ネタバレを含みます】

ニッケルオデオン 青 (IKKI COMIX) 8ページの超短編スタイルと、独特過ぎる発想で振り回してくれた『ニッケルオデオン』もこの3冊目の【青】で最終巻となりました。 多種多様な物語とニッチな題材の「ヴンダーカンマー」 この短編集に収録されている物語は、…

ニッケルオデオン【緑】感想【ネタバレを含みます】

ニッケルオデオン 緑 (IKKI COMIX) 道満晴明先生の短編集、ニッケルオデオンの2冊目。1話1話を独特のセンスで組み上げています。ニッチなテーマも相変わらず多めでした。 お約束の状況×普通じゃない発想 お約束の状況から始まる話も、ニッチな題材を使った話…

ニッケルオデオン【赤】感想【ネタバレを含みます】

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX) 道満晴明先生の短編作品集である『ニッケルオデオン【赤】』。1つの物語がわずか8ページです。 物語ごとに世界観が違うかと思えば、つながっている話もあり、切ない話があれば、おどろおどろしい話もあり、絵がポップでか…