コミックコーナーのモニュメント

コミックコーナーのモニュメントは、漫画を読むことが好きな石文が、読んだ漫画の感想を書いたり、紹介をしたりするブログです。

兎が二匹1巻 感想【ネタバレを含みます】

 

兎が二匹 1 (BUNCH COMICS)

兎が二匹 1 (BUNCH COMICS)

 

  つらい記憶と共に長い時間を生き続ける不老不死のすずと、そんなすずを愛する咲朗。その2人の物語の感想です。

 

この2人にハッピーエンドはありうるのか?

 物語が始まっていきなりの絞殺シーン。泣きながらすずの首を絞める咲朗。焦点の合わない目から流れ落ちる涙、舌が飛び出てこぼれる唾液、そして絶叫……からの復活。不死者を題材にした作品ではありがちなシーンですが、咲朗の号泣ぶりがすごい。

すずを絞殺して号泣。すずが生き返っても号泣。でも改めて考えてみると泣いて当然ではないでしょうか。大切な人が毎日のように死をせがんでくるわけです。仮に生き返ってくることがわかっていたとしても毎日のように殺すわけです。普通は発狂するのではないでしょうか。
 驚愕すべきは咲朗の精神力です。そしてポジティブな咲朗は復活後に自分と生きるように説得。たぶんここまでが
2人の日課ということでしょうか。

 さて、そんな風に自殺を日課としているすずですが、その理由が語られているのが、動物園のデートのシーン。ふとした会話からもすずは過去の記憶に苛まれます。飢饉での口減らし、化け物扱い、がれきの山になった町。そのコマの外側に描かれた真っ黒な闇とそこで蠢く手。そして闇から伸びた影の手が、日差しを歩く2人のうち、すずの影だけを捕まえてしまう。断片的ながらも異様な迫力があり、すずが死を望むことへの十分な説得力がありました。ページの端に小さく描かれた2人とあまりに大きな闇の対比、すずの体は平然と歩いているのに影だけが捕まり捕らわれてしまうという表現もすずの内面と外界の隔たりを感じさせます。

そして、すずは国を巻き込んで、とんでもない方法で自殺しようとするわけですが、結果は失敗。1年の時間をかけて再生、復活の後、咲朗のその後を知るわけです。
 残した者と残されたものが逆転する形。厳しい言い方をするのならば因果応報と言えますが、あんまりと言えばあんまりな結末。ここで
1話が終わり、ここからは回想の形で物語が進むわけですが、すでにどうしようもないバッドエンド。大逆転のハッピーエンドを願わずにはいられません。

 

なれそめと成長

すずと咲朗の馴初め、咲朗の父親との決別、すずの対人恐怖の問題と話が進んでいくわけですが、それまで長い時間を生きながらも、周囲と隔絶した生き方をしていたすずが少しずつ周囲と関わろうとしていく様子がいいですね。少しずつ手探りで前進していく感じがいい味を出しています。びくつきながらもコミュニケーションを取ろうとするすずににやにやしました。生首に啖呵を切る大家の葉さんもかっこ良かったです。

そして野球の中継が気になって、慌てて風呂から飛び出し、裸でテレビの前ににじり寄るすず394歳、カープファン。それを後ろから抱きしめようとして空振り、気づいてももらえない咲朗15歳。笑いました。

 

対比にこだわりを感じさせる光と影

2話以降を読んでいて気になったのは、明暗のコントラストを強調した演出です。雨の日の街並みを黒く描き、人を白で表現した場面や、親に捨てられた咲朗が閉じこもった押し入れの闇の黒と、その押入れを開けたすずによってもたらされる光の白。単純に視覚的な黒と白の表現もあれば、心情的な描写を表現するための黒と白もありますが、何気ない1コマ1コマにも光と影がしっかりと書き込まれており、そこが強く印象に残りました。

咲朗がすずの体の秘密を知るきっかけになったシーンでは、祭囃子と静まり返った室内という対比のシーンもありました。対比の表現にこだわりを感じますね。幸福と不幸、生と死というのも究極の対比かもしれません。

 

 

2人が広島についたところで第1巻が終わりましたが、過去の回想という形で話が進んでおり、咲朗と出会う前のすずについてもまだほとんど語られていないので、物語としてはまだまだこれからです。しかし、つらいのは話の先で咲朗が死んでしまっていること。

咲朗がすずと同じ不老不死になって復活するぐらいしないとハッピーエンドになりようがない。咲朗とすずの幼少期の共通点から、幼少期の条件が似ているなら似たような体質にならないか、あるいは、すずを追いかけていた研究者から、(トーカー、、不死の研究が完成していた、もしくは仮説だけでも出来上がっている等の展開がないか、わずかなフラグに祈らずにはいられません。