コミックコーナーのモニュメント

コミックコーナーのモニュメントは、漫画を読むことが好きな石文が、読んだ漫画の感想を書いたり、紹介をしたりするブログです。

兎が二匹2巻 感想【ネタバレを含みます】

 

兎が二匹 2 (BUNCH COMICS)

兎が二匹 2 (BUNCH COMICS)

 

 不老不死のすずとその恋人の咲朗のすれ違いと純愛の物語。後半の感想です。

広島から廣島

 回想シーンからさらに過去の回想へと跳ぶ形になりましたが、今度は1巻で名前だけ出てきていた花ちゃんについてのエピソード。祭りの夜にすずが仏壇に話しかけていましたがその時の相手ですね。すでに自殺癖はあるものの、百貨店の大きさに驚きいいリアクションをしたり、自分の過去の武勇伝を恥ずかしそうに話したり、何気ない1コマ1コマの表情も1巻の時代よりも明るい印象のすず。

 それにしても、花ちゃんが東京に行き、再び訪ねてくるまでの間はただ淡々と時間だけが流れていきます。日本が戦争へと突き進んでいる中で、唯々花ちゃんを待ち続けるすず。すずの中での花ちゃんの存在の大きさがうかがえます。

繰り返し使われている「朝が来る」の表現も味わい深いです。時代を超えて生きるすずの前に積み上げられる1日の軽さと、その1日の降り積もった長い時間の重みを感じることもあれば、死ぬことも老いることもできないすずの人生に対する嫌悪や諦観を感じることもあり、どんなことがあっても淡々と進んでいく時間の無常さも感じることができます。

 

地獄の描写

花ちゃんの再登場もつかの間、物語は昭和2086日を迎えます。廣島に原爆が投下された日です。柱にかかった日捲りがさりげなく86日になっています。こういう演出って気づいた瞬間にぞくりと来ますね。

すずが、首から上が黒焦げになった花ちゃんを見つけた場面を境に「炎」の描き方が変わります。勢いよく燃える、光量が伝わってくるかのような白い炎だったものが、現実感のない絵画に描かれた炎のようになりました。

見渡す限りの火の海。顔の判別ができないほど焼け焦げた死体に、探していた親友の名前の名札がついている。周囲には、垂れ下がった自分の皮をぶら下げ歩く人たちに、無数の死体。なるほど、現実というよりも地獄絵そのものだなと妙に納得してしまいました。

 

すずを追い詰めるもの

生きることに疲れて死を求めるようになる、周りの人が先立っていくことに絶望するというのは不老不死や不死者を題材にした物語では定番です。すずもそういう理由で自殺を繰り返しているのだと思っていましたが、それに上乗せでもっと深刻なトラウマを抱えていたわけです。

そもそも親に存在を否定されて、周りの人間に化け物と呼ばれながら生きてきて、自分も死にたくて自殺ばかりしているけれど、死ねないから仕方なく生きている。そんな自分の人生をまったく肯定できないすずにとって、自分の存在がきっかけで不幸になった人たちとの記憶は、そのまま罪悪感にすり替わるわけですよね。

自分がいなければ、自分がいたから、自分のせいで、すべて後ろ向きにとらえて、それがどんどん積もっていく。その最たるものが、自分を迎えに廣島に来て、原爆で死んだ花ちゃんだったわけです。

咲朗を育てたことが、すずにとっては自分の人生で唯一肯定できる意義だったとしても、それさえも自分のせいで台無しになってしまうと思い込んでいる。

咲朗に自殺ほう助させるのも、自分を嫌わせるためだった。

すずと咲朗のこれまでが明らかになるにつれて、冒頭の話の見え方も変わってきました。

 

絶対に置いて逝けん

咲朗を失い錯乱するすずが痛々しいです。よりにもよって、自分の行動が咲朗を死なせた形になってしまったわけですからね。

さて、そんなすずに迫る研究者(ストーカー)間戸自分に協力すれば、すずの不老不死を治療してやろうと迫ります。自分に不老不死を(うつ)せとすずを抱こうとしますが、すずがその言葉に反応。「伝染る」という言葉の意味を理解したすずの急激な変化がいいです。

涙、鼻水、よだれをまき散らし錯乱した状態から、次に自暴自棄になり、早く死なせてくれと懇願し、さらにされるがまま押し倒されていたすず。それが「伝染る」という言葉の意味を理解した瞬間豹変します。

間戸を押し返し逆に詰問。この豹変ぶりがたまりません。

感染確率は0.01%以下。咲朗がすず同様の不老不死になった確率は限りなく低いとのことです。それでも、万が一でも 咲朗が自分と同じ体になっていたのなら、絶対に置いて逝けないとすずは生きることを即決しました。

すずにとって咲朗の生存の可能性は確かに希望でしょう。しかし、ここですずが生きることを選択したのは単に生きるに値する希望を見つけたからではないと思うのです。研究施設にいた時点では、咲朗の残したビデオレターもまだ見ていないわけですし、すずにとって生き続けるというのは、どこまで行っても希望ではなく絶望です。それでも、咲朗を1人残すことはできないから、絶望の底で這いまわる決意をしたのだと思います。

そして明かされる咲朗の死の真相。咲朗の独白が切ないです。すずはいつまでも死なず、自分の帰る場所であり続けてくれるという事実。すずのことを愛し、すずが死ねないことがつらいと泣いていたにもかかわらず、その事実に安心してしまった咲朗。

 すずがいなくなったことで、置いて逝かれたすずが味わうはずだった悲しみを噛みしめる咲朗。

 お互いのことを想いながら、お互いを置いて逝ってしまった2人のすれ違いが、悲しいです。

 

兎が一匹

昔より人とよく関わり、笑うようになった。だけれど、昔よりも悲しそうに笑うようになったすず。

大事なものを見つけるまで探すことを決めた。それがこの世に残っているかわからなくても探し続けることにしたすず。

余韻を残す結末です。

この物語を読み始めたときに頭をよぎったどの結末とも違う終わり方でした。

 

 

読者に物語の終わり方を委ねるラストシーンでしたが、咲朗が1人で結婚式を挙げたシーンで、すずの分の指輪がブーケの中の鈴蘭に引っ掛けてありました。鈴蘭の花言葉の中には「幸せが再び訪れる」というものもあるようです。長い時間の果てに幸せな結末があることを信じたいです。