コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」タグのついている記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」タグのついている記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

絵が凄いから情感も迫力も段違い:この愛は、異端。 レビュー

 

タイトル:この愛は、異端。
  
作者:森山絵凪
  
年代:2017年以降
  
巻数:既刊3

 

作品概要

自分を愛してくれる両親を交通事故で失い、たらい回しにされた親戚の家では度々性的虐待の危機にさらされ、人の世の地獄を味わった少女・淑乃(よしの)

 古本屋で「悪魔の呼び出し方」の本を見つけ、藁にもすがる思いで実行した淑乃は、本物の悪魔・バアルを呼び出してしまいます。

 淑乃と一生行動を共にし、「口付け」を対価として願いを叶えるという契約を持ち掛けるバアル。

 地獄から救い出された淑乃は、実の親の様に自分を守ってくれるバアルに家族の愛を感じますが、18歳の誕生日の「それまでとは違う口付け」を境に、淑乃とバアルの関係は変わってしまいます。

 

緻密かつ鮮やかな絵で描かれる悪魔と人間の物語

「悪魔と人間の禁断の恋」というテーマは、近似のテーマも含めありふれていますが、この漫画はとても絵が美しく、感情描写や内面の表現も丁寧でクオリティーが高いです。

2人の拗れてもどかしい関係も含めて、まさにこの手の作品の正統派という印象。

緻密な線で描かれた人物の顔の造形や、細かく書き込まれた背景が美しく、微妙な表情の描き分けもさることながら、光の当て方や、コマ割りでの間の取り方などとの合わせ技も多彩です。

絵の表現力が豊かなので、モノローグとの組み合わせも情感十分です。

バアルが願いを叶えることの対価である「口付けと愛撫」のシーンは、生々しくも扇情的で、悪魔としての邪悪さが前面に出ている時のバアルの表情は、人間離れした禍々しさがあり、この辺りの表現にも画力の高さが活かされています。

邪悪な悪魔が見せる優しさや、逆に、優しげな顔の裏で行われる悪魔の所業、純粋さと潔癖さの感じられる行いに隠された淫靡な真実と、登場人物たちの性格の二面性・アンバランスさも魅力的です。

 

 

こんな人にオススメです。

l  人間と悪魔の恋物語を読みたい人。2人のすれ違いに、拗れる関係性といった要素を楽しみたい人。

l  鮮やかかつ表現力豊かな絵で、小さなコマの背景まで書き込まれた濃い漫画を読みたい人。

 

こんな人にはオススメできません。

l  直接的で性的な官能描写や、セクシャルな下ネタが多いので、そういうものが苦手な人。

l 小さめの コマが多く、そこにセリフ・モノローグも多めなので、みっちりした漫画が苦手な人。※絵は小さなコマの11つまで丁寧に書き込まれています。