コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」タグのついている記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」タグのついている記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

連載中の漫画

虚構推理13巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(13) (月刊少年マガジンコミックス) 今回の表紙は雪女。琴子、九郎、六花さんという物語の主要人物ならまだしも、ゲストキャラクターとしては、初めての快挙です。 いよいよ解決編。表紙の時点で本編の展開にも期待が膨らみます。虚構推理13巻の…

セントールの悩み20巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(20)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) てっきり修学旅行編が続くのかと思っていたら、1つ目のエピソードでまさかの帰宅。 少し出端をくじかれましたが、それはそれとして今回も色々面白く、いろいろと濃いセントールの悩み20巻の…

画力とギャグのツープラトン。最強大統領の異世界「騎乗」バカンス ライドンキング レビュー

[まとめ買い] ライドンキング タイトル:ライドンキング 作者:馬場康誌 年代:2019年~ 巻数:既刊4巻 作品概要 中央アジアの一角、プルジア共和国。大国から武力で独立を勝ち取ったこの国を乗りこなしているのは、建国の英雄にして終身大統領アレクサンド…

とにかくウザい!でも楽しい!!先輩男子と後輩女子のハイテンションコメディー:宇崎ちゃんは遊びたい! レビュー

[まとめ買い] 宇崎ちゃんは遊びたい! タイトル:宇崎ちゃんは遊びたい! 作者:丈 年代:2018年~ 巻数:既刊5巻 作品概要 大学3年生の青年、桜井真一。背が高く強面のため、周囲に怖がられることもありますが、真面目で礼儀正しい性格の好青年です。 運動…

魔女の下僕と魔王のツノ12巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 12巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 満を持してのデート編への突入となります。魔女の下僕と魔王のツノ12巻の感想です。 エリックとサムと冥王の毒針 今回はサムとサウロの初顔合わせとなりましたが、エリックの爆弾発言が全部持っ…

ライドンキング4巻 感想【ネタバレを含みます】

ライドンキング(4) (シリウスコミックス) ゴルドーの街を襲撃した魔族を単身で足止めし、散っていったジェラリエ・ゴルドー。 ベルのオリジナル魔法の応用で、瞬く間に要塞化が進むプルチノフ村。そこへ押しかけるゴルドーの難民たち。ライドンキング4巻…

ライドンキング3巻 感想【ネタバレを含みます】

ライドンキング(3) (シリウスコミックス) 魔導院(タワー)製の魔術兵器を使うジェラリエたちから攻撃を受ける集落。 窮地を脱するために、大統領に自分たちの秘密を打ち明けるベル。プルチノフ村の反撃が始まります。ライドンキング3巻の感想です。 サキと…

ライドンキング2巻 感想 【ネタバレを含みます】

ライドンキング(2) (シリウスコミックス) 魔獣使いの一味から、子供たちと魔狼(ガルム)達を解放したプルチノフ大統領。そんな大統領を追うのは地方領主の娘であり、ケンタウロス達を狙うジェラリエ。ライドンキング2巻の感想です。 異世界の景色と大統領 …

ライドンキング1巻 感想【ネタバレを含みます】

ライドンキング(1) (シリウスコミックス) 異世界に召喚されたのは建国の英雄にして現役の大統領。最強大統領の異世界冒険ギャグ漫画、ライドンキング1巻の感想です。 建国の英雄にして終身大統領アレクサンドル・プルチノフ 異世界召喚・異世界転移・異世…

虚構推理12巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(12) (月刊少年マガジンコミックス) 六花さんが再登場。琴子の高校時代のエピソードも語られ、そして、とても魅力的な雪女の登場する新章「雪女のジレンマ」もスタートします。虚構推理12巻の感想です。 風間玲奈と桜川六花の遭遇 今巻の1つ目の…

ゴブリンスレイヤー8巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 8巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 人気のない夜の冒険者ギルドで、受付嬢ともども襲撃を受けたゴブリンスレイヤー。 街のみんなが思い思いに過ごす祭りの時間を守るため、ゴブリンスレイヤーは仲間たちと夜を走ります。ゴブリン…

その日、少年が拾ったのは、とてもかわいい猫のような何か:猫のようなナニカ レビュー

猫のようなナニカ タイトル:猫のようなナニカ 作者:アヅミイノリ 年代:2020年~ 巻数:既刊1巻 作品概要 小学6年生の江巳安連夜(えみあれんや)。 ある雨の日に、彼が拾ったのは一匹の黒猫。 ではなくて、猫の様で猫じゃない謎の存在でした。 心優しい少年…

魔女の下僕と魔王のツノ11巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 11巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 魔王と和解し、ロイドとエリックのカップルも成立。 ふとした話題の転換から、話は魔女ビビアンとベティの関係へと飛び、さらに、ベティがお姫様であったことまで明かされました。 魔物となって…

虚構推理11巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(11) (月刊少年マガジンコミックス) かつて、妖狐に自分の妻の殺害を依頼したという音無会長の頼みで、彼が殺人を犯したという合理的な「嘘の殺害方法」を求められた岩永琴子。さらには、それを彼の子供たちに信じさせるためにと、遺産相続も絡…

セントールの悩み19巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(19)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 今回もいろいろと面白い話が盛りだくさん。修学旅行編もスタートします。そして、巻末の「あとがき…」ではまさかの展開がありました。セントールの悩み19巻の感想です。 姫乃とスーちゃんの…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン4巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 4巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーのゴブリン退治も、街の冒険者たちの闘いも一段落。ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン4巻の感想です。 注意 この記事は、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤ…

ゴブリンスレイヤー7巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 7巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーと収穫祭デートの約束を取り付けた受付嬢。わずかに出遅れた牛飼娘。街でもお祭りに向けた動きが見られる中、平常運転のゴブリンスレイヤー。ゴブリンスレイヤー7巻の感想で…

ダンジョン飯7巻 感想【ネタバレを含みます】

ダンジョン飯 7巻 (HARTA COMIX) 驚愕と爆笑の展開が続く、ダンジョン飯7巻の感想です。 イヅツミ シュロー一行から足抜けし、ライオス一行に加わったアセビことイヅツミ。※イヅツミの方が本名らしいです。 魔術で後天的に獣要素を植え付けられた改造人間的…

魔女の下僕と魔王のツノ10巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 10巻 (デジタル版ガンガンコミックス) サウロが加わったことで、一行の人間関係にも変化が起こります。魔女の下僕と魔王のツノ10巻の感想です。 アルマ一時退場 10巻の最初の話・54話から、いきなり男に戻っているアルセニオ。 思わ…

虚構推理10巻 感想【ネタバレを含みます】

虚構推理(10) (月刊少年マガジンコミックス) 鋼人七瀬事件より後の消息が途絶えていた六花さんが、ついに動き出します。虚構推理10巻の感想です。 六花さんの逃亡生活 23話は逃亡生活中の六花さんのエピソードでした。 琴子や九郎が絡んでいない、第三者…

今の彼らに至るまでの彼らの物語:ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン レビュー

[まとめ買い] ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン タイトル:ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 作者:(漫画)栄田健人(原作)蝸牛くも(キャラクター原案)足立慎吾/神奈月昇 年代:2018年~ 巻数:既刊5巻 作品概要 その日、1つの村がゴブリンの群れによっ…

セントールの悩み18巻 感想【ネタバレを含みます】

セントールの悩み(18)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 今回もボリュームたっぷりのセントールの悩み18巻の感想です。 日本人馬の足さばき 流鏑馬道場で「足の使い方」の練習をする紫乃ちゃんと牧ちゃん。 本来は馬と同じく、後ろや横に歩けないの…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン3巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 土砂降りの雨が降り、雷鳴が轟く夜の山村で、たった1人でゴブリンの群れを迎え撃つゴブリンスレイヤー。 一方、岩喰怪虫(ロックイーター)退治のために徒党を組んだ冒険者たち…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーだけではなく、諸々の登場人物の過去が語られる『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』2巻の感想です。 注意 この記事は、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤ…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン1巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤーが「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれるようになるまでの物語。 本編と作画担当が変わり、栄田健人先生の作画となりますが、こちらもかなりの迫力です。 『ゴ…

教国のレクエルド1巻 感想【ネタバレを含みます】

教国のレクエルド 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス) 『魔女の下僕と魔王のツノ』の物語が始まるよりも過去のお話。アルセニオが人間としてイスパニアで暮らしていた頃の物語。教国のレクエルド1巻の感想です。 注意 この記事は、『教国のレクエルド…

魔女の下僕と魔王のツノ9巻 感想【ネタバレを含みます】

魔女の下僕と魔王のツノ 9巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 前の巻から引き続き、アルマを巡って拗れる話が面白い。魔女の下僕と魔王のツノ9巻の感想です。 三文芝居から思わぬシリアス展開に サウロが回収してしまった魔導具・帰宅の鍵を取り戻すため、犯…

ゴブリンスレイヤー6巻 感想【ネタバレを含みます】

ゴブリンスレイヤー 6巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ゴブリンたちの住処とつながる門である「転移の鏡」。それを守っていた「大目玉(ベム)」を倒した一行ですが、粉塵爆発の音を聞きつけたゴブリンたちが集まってきます。その中には小鬼英雄(ゴブ…

この愛は、異端。3巻 感想【ネタバレを含みます】

この愛は、異端。【電子限定おまけ付き】 3 (ヤングアニマルコミックス) すれ違ってきた淑乃とバアルの関係についに決着がつく、『この愛は、異端。』3巻の感想です。 淑乃とバアルの過去、バアルサイド 淑乃が幼少の頃より度々事件や事故に巻き込まれていた…

果てのない戦いに身を投ずる男の復讐と更生の物語:ゴブリンスレイヤー レビュー

[まとめ買い] ゴブリンスレイヤー タイトル:ゴブリンスレイヤー 作者:(漫画)黒瀬浩介(原作)蝸牛くも(キャラクター原案)神奈月昇 年代:2016年~ 巻数:既刊9巻 作品概要 最弱の魔物・ゴブリン。 人間の子供と同程度の力と知性を持ち、集団で村を襲う、女を…